2008年5月24日土曜日

音楽はなぜ気持ちいい?

 音楽は不思議だ。誰もが聞きたがり、誰もが唄いたがる。それは興奮とエクスタシーを盛り上げて、意識を忘れさせる。音楽は音の連なり。音は空気の振動。空気の圧力差が鼓膜を経てカタツムリ管を振るわす。カタツムリ管の中はリンパ液で満たされいて、液の動きは底に張り付く何千もの絨毛神経を刺激する。複数の絨毛神経はそれぞれ異なる周波数を感知する。だから音を聞き分けたり、和音を感じたり出来るのだろう。聴覚神経から信号は脳へ。さまざまな関数へ渡されて処理され、結果として心地よさを産み出す。


 音には、共鳴、共振、うなりなどいろいろな合成、分波がある。異なった周波数の波がさまざまな形を造る。音楽には、音色、音程(ハーモニー)、リズム、の三要素と音圧(音の大小)がある。

 和音、ハーモニーは、複数の音、周波数の織りなす技で、共鳴、共振に通じる。音階の規則はここから生まれたという。ゆりかごのように、定まった幅を持つ者は心地良く感じる仕組みなのだろう。

 音色は、波形。音色は元となる音源の性質を表す。楽器の種類、音を出す動物の種。大きな発声機関(声帯)は低い音で、小さな発声機関(声帯)からは高い音が出る。これは発声元を識別できるだろう。

 リズムは、心地よさの最も要だと考えている。時間を漂う者はすべて自分のリズムを持っている。鼓動であったり、信号伝達の速度であったり、応答間隔であったり、さまざまな時間の刻みを繰り返している。リズムは、一定の速度、一定の刻み幅であることで定義できる。過去から何度か繰り返されたそれは、現在を経て未来も同じリズムを刻むと予想された時、われわれは安心を感じるのでは無かろうか。変わらないリズムは、かわらない状態のしらべ。

 今の状況が変わらないということは、周囲のリズムが乱れないことを意味する。このリズムを憶えていて、繰り返される限りは、その原因も、その先への注意も払う必要がない。すでに知っているリズムである限り、すでに知っていることしか起こらない。新しい不安に神経をすり減らす必要がない。それは安息と休息につながる。



 新しくきいたばかりの音楽と、聞き慣れた音楽。その違いは明らかだ。おもしろくもなくてイライラしながら聞いた音楽が幾度も繰り返されると、やがて心地良い音楽に変わる。そして記憶に深く刻み込まれて、その音楽は休息と安心の合図となる。その音楽のその先をすでに知っているから、安心なのだ。脳は知っている音程をなぞっている。記憶の中との整合が続く限り、周囲の平穏が確保される。膨大なオーケストラの長時間の演奏の中でも、間違った音程はすぐに気がつく。そして、リズムが途切れた時は即座に警戒と新たな行動を準備しなくてはならない。



 物事に集中したい時、自らの内部と応答したい時には、聞き慣れた音楽と聞き慣れた食べ物でコトに向かう。聴覚、嗅覚はいつも開かれた感覚器だ。外部のさまざまな変化を常時監視している。それを遮断しないと思考へのエネルギーの集中投与は図れない。だから、音楽を鳴らし、コーヒーの香の中で時に、柿の種をほおばり、時計を遠ざける。

0 件のコメント: