2008年5月21日水曜日

mozic NetScape IE FireFox ハイパーテキスト


 ちょっと前に、ファイヤーフォックスの話をした。そう言えば、最初のHtmlブラウザってなんだっけな?と気になっていた。そうそう、モザイクだ。
 ハイパーテキストは、”ハイパーカード” から生まれた物じゃなかったのかな?ハイパーカードは、アップルマッキントッシュの優秀な、ユーザー用マクロ記述言語で、カードとテキストリンクから出来ていた。今で言う、ウィンドの切り替えがカードに当たり、ボタンや、リンク文字が、ハイパーテキストだった。

 ちなみに、HTML は、Hyper Text Makeup Language である。

 ハイパーテキストは、文字中に絵や図を組み込めるように発展されて、やがてインターネットブラウザとして、mosaic として世に出た。unix 用に続き、マッキントッシュ用がそうそうにばらまかれた。只だったね。
 インターネットは、文字情報の通信に限定したネットワークだ。それ故に汎用性と拡張性を維持できている。タグ、と呼ばれるキーワードを解釈するのは、それぞれのパソコンに組み込まれたブラウザで、送られるデータは、タグもワードも何ら区別されずに送られる。

 mosaic はやがて商用になり有料になって、NetscapeNavigater となった。安かったけどね。
 初期のMicrosoftInternetExproler は、NetscapeNavigaterの改良版として作られた。非力で遅くて、仕えなかった。ただし、只だった。しかし、IEは、windowsパソコンに標準となり、デスクトップとインターネットとの境を消していく。

 Netscape 社は、いつの間にやら、Mojila と名を変えた。いまは、FireFox を出している。
 ちなみに、今出回っているInternetBrowser は、以下である。
 IE FireFox Opera Maxthon Safari かな?

 以上

0 件のコメント: