2008年6月24日火曜日

老害だって、思う

 生まれた子供の三人に一人は亡くなる。平均年齢は50才。限られたエネルギーと行動範囲、ささやかな喜びと大きな哀しみを背負って、それでも感謝しながら活きていく。そう言った生活が、進化の波にさらわれずに種として残っていくのだろう。遙かな未来、新しい種が地上を支配しても、若気の至りを横目で見ながら暮らしていく。例えば今の、類人猿のように。

 長寿こそが、ちょっとしたかつ大きな過ちだと思う。寿命が延びることは決して歓迎すべき事ではない。生きることには限りがあるのだ。食物連鎖に見るように、ある生き物の死は次に生きる者の糧になる。限りある席は譲らなくてはならない。老いた者が何時までも欲望に身を任せて席を増やさせてはいけない。潔さこそが、理性のなせる技。いくつかの種に見られる、いつのまにか群れから消えていくのは、成体の証しなのだ。

 人口の増加は未来への大きな障害であるが、そのための産児制限は、より愚かで残酷だ。それを唱える者がいたら、それこそ老体の醜態以外あり得ない。生殖は止められない。それは生き物の定義部分。美容やファッション、恋や愛、ときめく気持ちを多少なりとも否定することはあり得ないこと。生殖亡くては生き物の定義が消える。死ぬまで恋はすてきれない。

 しかしながら、長寿は時間をもてあます時、大きな無駄使いとなる。出会うこと、恋すること、新しいいのちを迎えること、育っていくこと、それが最大の喜びであり生き物の頂点である、それを終えたときぽっかり空いた代わりをどこへ求めるというのだ。恋愛のすばらしさをお金に換える時、どれほどの膨大な無駄使いもそれを埋めることはできない。さまざまな欲望を次々と充足しても、それは記憶され更なる欲へと向かわせるが、もはや決して完遂することはない。あるいは、科学や進歩発展へと費やすとき、一時的な満足こそ得られてもやはり同じ事。科学の進歩や発達は、欲望の変わり身で、それにも同じようにきりがないのだ。
 
 幼体、成体、老体、と分ければ、一般的にその基準は生殖にある。その前、生殖期、その後だ。費やされるエネルギーは、老体の方が多くしかも益がない。老体一人に対し、幼体をどれほど養えるだろうか。欲の強さもたぶん、老体が一番だろう。幼体は育ちさえすればいいし、成体は、子供さえいればいい。動きのままならぬ体を抱えて、余計なことを想い命ずるのも老体だ。成体はその体力で自ら切り開いていけばいい。

 願わくば、そうそうに、静かに終わりが来ればいい。そっと席が譲れればいい。老いはそれを通り過ぎたことを意味し、決してもどることはないのだ。それは理解し、満足しなければならない。それはそれで良しなのだ。

0 件のコメント: