2008年8月24日日曜日

弓月光のこと ~漫画家~


 漫画家、弓月 光 のファンだ。今はアダルト向けのマンガを書いているが、もう少し先には、ぜひSFマンガを書いて欲しい。きっと構想を貯めていると思う。
 弓月光の作品”甘い生活”は、今連載中のアダルト向けギャグマンガだが、所々にちりばめられた、SFのエッセンスが嬉しい。と、これを書いたのも、いま出張で泊まっている工業地帯のホテル群のてっぺんに、ヘリポートが見えたからだ。下から見上げると円盤が乗っているようで、”甘い生活”の背景に出てくるテレビ局に似た姿が連想される。アノ伝説の宇宙船に見える。

 弓月光は少女マンガの古株だ。自分が中学生自分には読んでいた。その頃の作品は、発明家物、マッドサイエンティスト物、人格交換物。マニアックと少女読者との危うい境を彷徨って、何とか生き延びてきたように思う。そのアンバランスな面に煮え切らない物を感じる。バアっと開放して欲しい。というと、今のアダルト路線は開放中なのかな?


 私の一番のお気に入りは、むろん本格SF、スペースオペラ(これも古語になってしまった)”トラブルエクスプレス”だ。緑のキチン質の宇宙船生命体の話は、スタートレックにも似てクラシカルな王道の物語だと思う。映画、”メンインブラック”を見たときには、このコミックのページを思い出した。
 日本のコミックの映画化ブームだけど、この作品が映画にならないかな。

0 件のコメント: