2008年8月30日土曜日

鰯の群れ



 鰯はなぜ群れるのだろうと、昔思った。鯨が鰯を追い詰め、その下から大きな口を開けて浮上し、鰯を丸呑みする。鰯は群れる必要があるのだろうか。群れなければ、鰯が大海に分散していれば、鯨は糧を得られない。鯨はおそらく自分を支えるえさを1匹づつ追い詰める体力と素早さは持っていないだろう。
 生き物は死を逃れようとする、これはそうだろうとおもうけど、恐れてはいない、とおもう。鯨を支えるため、鰯は自らを太らせて、群れて鯨を待たなければならない。それがシステムの一環。

 藤子不二夫の短編SFマンガに、"ミノタウロスの皿"という傑作がある。地球人の宇宙飛行士が放浪の果てにたどり着いた星は、牛に似た高等生物が支配し、”ウス”という人に似た生き物が彼らの食料となっている。人に似た生き物”ウス”は、品評会で最高の肉に選ばれることを名誉としている。そために自らを磨き成長している。クズ肉として食べられるのは不名誉なこと。
 品評会で優勝し、最高級肉として”おいしい”というその賛美を聞きながら、生きたまま食べられるのが最大の名誉なのだ。”だって、そのために生まれてきたのだもの”と、地球から来たパイロットの前で、美しいウスの少女が言う。皿に盛られて彼女が品評会会場へ向かうのと見て、招待された席につけずにただ見送る。
 きれいな少女が食べられるのはかわいそうだといっても、”地球人は肉を食べないのか?”との問いに、答えられない。

 死ぬことは悪くない。死にたくない、ことは悪くないだろうか。不老不死を願うことは、正しいことだろうか。長寿を祝えるだろうか。産まれることと亡くなることのバランスをどうやってとっていくべきだろう。

0 件のコメント: