2008年10月28日火曜日

恥って なんだろう?

「恥を知りなさい」「恥ずかしいと思わないの」「恥を欠かせないで」「私が恥ずかしいじゃない」「恥の上塗り」 。恥ってなんだろう。恥ずかしと思っていない人に向かって、「恥ずかしいとおもわないの?恥を知りなさい」は、変だと思う。糠に釘、暖簾に腕押し、と言う具合だよね。わたしは、「恥」がよく判らない。

「恥ずかしい」、とは、弱点を知られることを指すのではないのかな。弱みにつけ込まれて攻撃されることを避けるために、「恥を隠す」、のだと思う。恥を隠したり、恥を感じたり、恥を恐れたりするのは、恥じる本人であって、他人にとっては何ら関わり合いのないことだと思う。恥を感じていない人に、「恥じなさい」というのは、単に、八つ当たり、その人の中でイライラの感情を処理しきれないだけのことと思うのだが。

「恥ずかしいと思わないの?」は、相手の立場になって考えた時に出る言葉だ。「私だったら恥ずかしいわ。」と、対になる言葉である。感情移入、人格移動、視点切り替え、まあ、そんなところか。言った方の感情であって、言われた方は、何を言われているか判らない。「そんなものなのかなあ」程度である。「相手の立場になる」ということは、「相手の場所に単に自分を立たせること」、にすぎない。そこには相手はいなくて、二人の自分だけである。自分同士見合って「そうだよねえ」と自賛すればよいのである。まあ、それが言う側の目的なのだが。自分の考え方、自分の感じ方を、腹いせ紛れに語っているだけで、相手は消えてしまっている。だって、くどいがそもそも、相手は「恥ずかしくない」「恥と思っていない」のだから、「私だったら、、、」などという愚行はとりあいたくもない。

恥はまた、「これを恥にしよう」といった文化的な取り決めでもある。武士の恥と商人の恥は違う。貴族の恥と貧民の恥は違う。ただ、強弱関係で恥が存在することは間違いなさそうだ。生態学的には、相手を威嚇して、争いを回避できないできない時に、「恥を感じる」ことになる。「弱いと思われることが恥」なのは、文化に関わりなく共通のようだ。

0 件のコメント: