2008年11月14日金曜日

間違ったことを言う かまわないと思う

歴史的事実と異なったことを言う。真実じゃないことを言う。ウソを言う。まあ、作為的な物はともかく。こういった物と言論の自由とは、どのような拮抗関係にあるのだろうか。私流には、何を言ってもかまわない。真実でなかろうが、誤った解釈であろうが、誤解を招こうが、作り事だろうが、それは言葉に出してかまわないことだと思う。言論の自由を支持する。

それはつまり、まず、言葉とはそれほどあいまいな物で、無責任な過不足のある情報だと思う。誰もがそれほど熟考して、論理的組立の上で話しているわけではないのだ。それが書き物だとしても。言葉とはキャッチボールに例えられるが、投げ手と受け手のどちらもが動かなければキャッチボールは成立しない。どちらも調整し、補正し、相手を思ん計ってやりとりをする。そのばそのばで言い方が違ったり、思惑が違ったり、うまく伝えられなかったり、集中できなかったりは良くあることだ。

つぎに、信じたことが真実、という考え方。万人共通の真理など無いのだ。一人一人が信じたものがその人の真理。別の人の真理ではない。誰かの主張を他の人は否定するし、議論をしても埋まることはあり得ない。さらには、脳は勝手に世界を造るのだ。”人は見たい物しか見ない”というのは生き物の構造的なもの。人によって見える物が違うし、見た形が違う。ある人は登り坂と言い、ある人は下り坂という。別な人は平らだという。” それは真理かも知れない(!??)。それを許せないと言う人は、単にそう言った世界観を個人として持っている、にすぎない。うまく避けながら、ぶつからなければ、それで平和が保てるのだ。

真実や、歴史的事実しか言ってはいけない、と言うことなら、未来のことは語れないし、金融商品など使えない。ましてや、宗教などまっさきにやり玉に挙がってしかるべき。だから宗教弾圧が起きるのだ。自分たちが信じるからそれは真実、それ以外は虚偽だ、という事柄を、世界のほとんどの人は否定しないだろう。全く同じ構造の生き物が、わずか前までは進化論を否定し、人種を別種と思い、魔女狩りを行い、想像上の財の増減に振り回されているのだ。

事実や真実についての論争自体、実は筋書きのある茶番劇のように、企みの意図に使われるのだ。

0 件のコメント: