2009年1月26日月曜日

重要な課題は、環境問題でなく、人口問題

人口問題こそ、全てにおいて優先される課題である。環境問題も、生物多様性も、戦争も貧困も、ヒトに偏った数の増加がその一因となっている。人口問題が解決されれば、すなわち資源が充分な量隅々に配分されれば、(ヒト以外の生物にも)多くの問題は解決する。

他の生物を見ると、総量においておおよそ均衡が取れている。増えたり減ったりする要因はあるが、増加もしくは減少の一途は、異常事態である。レミングというネズミがいる。集団自殺をするという。かれらは個体数が増し、密度が増えるとホルモン分泌の活発な個体が産まれるようになる。神経質な個体が増えてくる。イライラし、ヒステリックになる。その数がある割合に達すると、カタストロフィーがはじまる。興奮し、熱狂的になったネズミは、海めがけて更新を始める。その先を読むこともなく、脇目もふらず、まさしく狂ったように移動を始める。まるでそれが有意であり、英雄的であり、名誉と誇りをもった行動と言わんばかりに、迷いもなく突き進んでいく。

そして、廻りの空気が読めない、気が効かない、落ちこぼれが少数、そこに取り残される。死に損なった特攻隊のように。そして彼らは、種の存続を担って再び数を増して新しい時代を築いていく。

人口が増せば、領土が必要、食料が必要、エネルギーが必要、そして過密化と文化交流は様々な格差と競争を産む。競争は搾取と奴隷を産む。子孫は、環境の善し悪しや文明の未来、エネルギーの有無や生存条件の可否にかかわらず、生まれてくる。子を産むことは生き物にとって至上命令なのだ。生きていくかどうかは構わない。ただただ、自分の子を産み残すことが何にも増して最優先になる。そう言った因子だけが受け継がれる。子供はどんどん増える。それでも、人口を減らすか、一人当たりのエネルギーを減らすか。用意されている資源総量は一定なのだ。

経営理論に寄れば、最も収率の悪い部分から、もっともコストの高い部分から、もっとも大食いの部分から切り捨てられるべきである。

さて、、。

0 件のコメント: