2010年8月17日火曜日

人の操作された真実。

与えられたものしか判らない。与えられた物しか見えないし、与えられたものしか聞こえない。我々の意識に上ってくるものは全て、フィルターが掛かっている。全て検疫済みなのだ。事実は事実でないし、正義は正義でなく、悪は悪でない。とても”冷静”と呼べるものは何ひとつない。私たちは誰かにしっかりと捉えられ、鎖でつながれて、言うことを利かされている。悪だと言われれば悪で、正しいと言われれば正しい。良い人も悪い人も、ただ言われるがままにそれぞれの世界を造る。

人は、争いが好きだ。イライラは頻繁だし、嫌いな人は多い。あれもこれも気に入らないし、思い通りにならない、誰もが自分につらく当たる。一通りの挨拶まではだれもが良い人だ。愛嬌があって丁寧で、礼儀正しい。しかし、数時間も同席すれば、アラが見えてくる。変な臭いがする、仕草が下品、言葉がぞんざいで、敬語がおかしい。悪口が多くて、自分だけが正しいと思っている。私に賛同を求めるがその身勝手にはとても同意できない。そしてそれは特定の人ではなく、誰とでも起こる。あなたは適当な誰かと長い時を一緒に楽しんで過ごせるだろうか。

人は羨望されたいけど、平等に扱われたい。ひいきや不正は嫌なのに、自分だけが優位になりたい。相手には許し難いことが自分にならば受け入れられる。誰かが贅沢をするのは腹が立つけど、他人のひもじい姿を見て自分を責めることはない。でも、トップになりたい、あいつのあとだけは死んでも嫌だ。

自分の事実は間違いなく事実だ。幼児期の記憶も、躾けや教育も、あがめる神は絶体的正義で、その対抗は敵であり悪魔だ。ある人にとって聖書は絶体であらゆる科学とは別次元の出来事だ。コーランを認める人は人格があり人権があるけど、認めない人はそれらの資格がない。ビッグバンや量子の構造は常識で誰でも認めるべきだけど誰も見たことが無くて証明もできない。

私たちは解り合える。愛し合えるし、神の啓示も聞ける。誰もが幸せに微笑んで過ごすことができそうな気がしている。戦争は誰もが嫌うし、殺人は絶対悪だ。博愛は誰の心の根底にもある。平和のためなら自分だけが頭を下げてもいい。

本当に?それは真実?あなたの見ている世界は本当にそうだろうか。ひとは国教や宗教をすてて、殺し合いをしないで居られるだろうか。愛すべき人の偶然の死を、誰かのせいにしないで済ませられるだろうか。確率的に起こる不合理をうけいれて、自分だけの不幸を仕舞っておいて、そうでない人と一緒に笑えるだろうか。哀しみは憎しみを生まないだろうか。憎しみは人の内なる場所で、はたして解消できるものだろうか。”だって私なんか、、、、”

憎しみは誰かの悔しさでしか解消できない、それが現実ではないだろうか?

憎しみは、逃げ惑う人を打つことでしか、消し去れないという事実をなぜ認めない。

解り合えることなど無く、平等など起きた試しが無く、少しでも前に出たいし、永久の愛は偶像しか対象にできない。

世界のあらゆる場所で、膨大な数の、絶体の永遠を誓った愛が、わずかな時間で消えていく。それをいつでも誰でも疑うことがない日常的な出来事、なのにそれを認めることができない仕組みはなんなのだろうか。

ただ増えるために都合の良いモノしか存在を認めない仕組みは、生態系、エコロジー という。

0 件のコメント: