2010年10月26日火曜日

やっぱ、石油だなあ、と

人類の切れ目は、やはり石油だなあと、あれこれ思うのです。COP10をやってて、100年後、200年後の地球環境を考える、と言っているけど、わたし的には、200年すれば、自然と環境問題は解決すると思ってます。100年かも知れない。地球環境の問題よりも、人類の存続の方が時期的には短い、と思うのです。ヒトのこと心配している時じゃないでしょ、と言いたいけど、、、誰に?

いつの時代でもどこででも、エネルギー補給の切れ目が文明の切れ目だった。石油以前は木材。資材、燃料、食料、それらの賄える範囲内でしか文明は続けられない。それが亡くなれば、ある分だけのヒトしか生きられない。地球上の系とはそう言うもので、ヒトもそれに属している。イースター島に起こった文明の消滅がは、生態系の長いスパンでの日常的な出来事なのでしょう。

石油が足りなくなれば、この文明は終わる。代替はない。石油に始まった繁栄だから、石油と共に終わる。太陽電池も風力も、原子力も、詰まるところ石油が支えている。まず石油に替わる運送手段はない。そして鉄も樹脂も小さな部品一つ出来ない。食料だってもちろん隅々まで確保できないし、その保存もままならなくなる。輸送、保管が出来なければ、食べきれない以上の捕獲はなくなる。その日その地域で食べる量が採れればよい。石油以外のエネルギ-では、今の爆発的な消費を支えられない。中国や、インドの人々のさらなる消費がすでに、その時代を予測している。そしてもう誰もそれを駐められる範疇にない。対数的な立ち上がり曲線の今は手の届かない遙か彼方だ。

石油が減れば、ヒトは何も出来ない。おそらくただ残り物を奪い合って争うのみ。適正な数まで、何らかの形で減っていく。どうやって減るかは問題ではない。人類が減れば、自然の誰か、何かかがはそれを補う。石油の盾無しに自然を押さえ込むことは出来ない。雨風、冷暖、水の確保でさえ、長い時間の学びがなければ難しい。

それが出来るのは自然をあがめた暮らしをする人々だ。星を読み、風に聞き、水を撫でられる人々が、いくつかの命を自然と取り引きをして、住処を造っていく。石油のない世界で生きられるのは自然に選択された人々だ。かつてヒトをおごった者はそこにはいない。山や空をあがめて、いくつかの精霊の声を聞いた者がそこに居るのだろう。

だから、消費は麻薬と何ら変わりはない。エネルギー消費症という麻薬患者は、今では当たり前の人たちを差す。

0 件のコメント: